ブログ

カテゴリ:今日の出来事

卒業式が行われました

3月4日(木)、令和2年度長野県坂城高等学校卒業証書授与式が行われました。今年は、コロナ禍の中、体育館の会場ヘは、卒業生と保護者の方のみ入場していただき、在校生は教室からリモートで見守る形を取らせていただきました。式は、御来賓の出席もなく、例年行われている呼名も省略され、簡素な形式となりましたが、今年度の卒業生81名の前途を祝し、在校生、職員一同、心を込めて送り出させていただきました。

3学期がスタートしました

本日(1月6日(水))、本校は令和2年度の3学期をスタートしました。約10日あまりの年末年始休業でしたが、多くの生徒が、元気に登校してくる姿を目にし一安心したところです。一方で、コロナの感染状況は一向に収束の気配がありません、3学期は1年間の学習や取り組みの総決算をする学期です。感染予防に留意しながら、できることに精一杯取り組んでいただき、悔いの残らない年度末を迎えていただくことを期待したいと思います。

「すらら」の公開授業が行われました

本日(12月24日(木))、今年度の公開授業の3回目として、1・2年生に導入しているオンライン型の学習アプリ「すらら」を活用した授業の様子を見ていただく公開授業が行われました。県内外から40名以上の皆さんにご来校いただき、コロナ感染防止に注意を払いながら午前中2時間、国語、数学、英語の授業を見ていただきました。本校では、学習アプリ「すらら」を昨年10月より、経済産業省「未来の教室」実証事業の一環で導入させていただき、高校の授業に、どのように学習アプリによる学習をマッチさせていくのか研究してきました。学習アプリには、基礎学力の定着を、生徒それぞれの学習段階に応じ最適な形で図ることができるという特徴があります。ただ、アプリを使って、知識・技能を高めたとしても、それらを活用する場面が授業で用意されていないと、定着しないという課題もあります。本校では、その課題克服のためのアプローチを、学習アプリを活用しながら模索を続けています。
生徒に皆さんは、たくさんの来場者に見守られての授業で緊張感もあったと思いますがご協力ありがとうございました。

マラソン大会が行われました

本日(11月13日(金))、雲ひとつない澄み切った青空に恵まれたコンディションの中、マラソン大会が行われました。この日までに、体育の時間を通して、それぞれに目標をもって、ランニングの練習に励み準備してきました。男子10km、女子7km、町内に設定されたコースを、交通安全に留意しながらそれぞれのペースで走り抜き、全員が完走することができました。ちなみに、クラス対抗の得点結果は以下の通りになりました。皆さんお疲れ様でした。
総合順位 1位 2年1組 2位 2年3組 3位 1年1組

さつまいもの収穫をしました

本日(10月16日(金))、3年生の選択生物の受講者のみなさんが、学校近くの畑で育ててきたさつまいもの収穫作業を行いました。
一昨年度よりお借りしている、畑に今年はねずみ大根以外に、オクラとさつまいもも植え付けこれまで育ててきました。オクラは、生徒の背の高さよりも高く成長し、大きな実を提供してくれました。今日は、さつまいもの収穫のため、みんなで鍬を振るって掘り出しました。収穫できた芋の数は多くはありませんでしたが、一つ一つがとても大きく成長していました。
隣のねずみ大根の畑も、草が生い茂っていたので、全員で草取りも行いました。今年はねずみ大根もたくさん収穫できそうです。
生徒の皆さんお疲れ様でした。

防災訓練が行われました

本日(10月6日(火))、6時間目の最後の時間を使って、地震発生後、しばらくして火災が発生するという想定のもと、防災訓練を実施しました。生徒の皆さんは、授業の教室から教科担当の先生に誘導されて、スムーズに避難を完了することができました。特に、避難時にほとんどの生徒がマスクをして避難できたことは、とても素晴らしいことであったと思います。避難の後、避難所等ではどうしても密になりやすくなります。マスクを常に携行していることは、このようなときに感染リスクを下げることに繋がります。日頃から心がけてください。
避難完了後は、係の先生より、クイズ形式で防災知識について学びました。皆さんお疲れ様でした。

稲刈り実習に取り組みました

10月2日(金)、3年の選択生物を受講している生徒の皆さんが、本校近くの田んぼに行って稲刈りの体験実習を行いました。この学習は、今年で3年目を迎える取り組みで、本校同窓生の鈴木様の田んぼをお借りして、稲作の具体を体験的に学ばせていただいているものです。今年は、新型コロナウィルスの感染拡大のため、田植えの実習は行えませんでしたが、稲刈りについては、感染防止に留意して実施しました。秋晴れの爽やかな天候の中、約1時間半ほど汗を流しました。今後、収穫したお米を使って、収穫祭を計画しているとのことです。

「坂城学」の学習の様子2

本日(9月3日(木))は、昨週に引き続き、午後の2時間を使って、各学年で「坂城学」の学習が行われました。
3年生は、来週から始まる就職、進学試験に向けての面接練習の準備として、ビデオ教材を使っての学習に臨みました。面接という、公的な空間で、「自分をより良く見せるためにはどこに注意するべきか」と言うようなことは、意識的に考えないとわかりません。今日の学習をきっかけに、自分の姿を客観的に見直す視点を持てるようになってください。
2年生は、今日から、今回の学習のゴールである提案型の発表をするための基礎となるスキルとして、Webページを自分の力で作成できるようになることを目標としたプログラミング学習が始まりました。オンライン教材を使って、これからしばらくの間、坂城学の時間を使って取り組みます。今日は、時々画面が固まってしばらく動かなくなるなど、ストレスのたまる状況もありましたが、友達と助け合いながら、学習を進めていました。このように、学習内容の習得だけでなく、与えられた環境で最善を尽くそうとする姿勢は、とても尊いものです。これからも、続けていってほしいと思います。
1年生は、先週のキックオフに続いて、今日から「坂城町の企業を題材とした企業研究」をするための学習が始まりました。1年生は、ゴールとしての発表をプレゼンテーションの形式で行うことを目指しています。そこで、今回は、他者を引きつける有効なプレゼンテーションををするための、デザインの基礎について学びました。リモートでつながった講師の方の指示のもと、課題に取り組み、その結果についてグループで、自分の工夫した点などを発表し共有するというワークをしながら、デザインの考え方の基礎を習得していきました。それぞれのグループで、ただ、課題に取り組むだけでなく、周りの友達に、自分の考えたことを伝えることで、コミュニケーションのあり方についても自然と学べたのではないでしょうか。これからも、相手の話をきちんと受け止め、自分の思いも率直に伝えることのできる関係性を維持発展させていっていただきたいと思います。

ねずみ大根の種まきをしました

本日(8月28日(金))、3年生の選択生物をとっている生徒が、地元の方のご厚意でお借りしている学校近くの畑で、ねずみ大根の種まきを行いました。
播種にあたっては、坂城町商工農林課の方にお出でいただきご指導いただきました。生徒たちは、前日の授業で畝立てした畑に、丁寧に穴を開け、種をまいていました。
最後に、実際の農家で使われているテープシーダーを使った種まきも体験し、農作業の省力化の知恵の一端に触れることができました。
今後、約2ヶ月ほどで収穫ができるようになるとのことです。草取りなど手入れをして、昨年以上の収穫を目指しましょう。

坂城学の学習の様子

昨日(8月27日)は、午後の2時間を使って、各学年で、総合的な探求の時間「坂城学」の学習が行われました。
3年生は、間近に迫ってきている、就職や進学のための試験への対策として、外部から講師の方をお招きして、一人ひとり面接の練習を行いました。
2年生は、本年度の探求的な学びのテーマである、分野別の企業研究のために、リモートでつないだ講師の方の指導のもと「企業課題解決のための事前情報収集演習」を各分野別に、グループに分かれて行いました。
1年生は、これから事前学習がスタートする、坂城町事業所研究のための、キックオフプログラムに参加、これからの学習で何を学んでいくのかについて理解を深めました。
本校では、このように2学期に入り、それぞれの生徒のキャリア形成のための学習プログラムを計画的に実施していきます。